• ホーム
  • クラミジアの特徴について詳しく知っておく

クラミジアの特徴について詳しく知っておく

病原体

日本国内の病院・診療所では、毎年2万人以上の男女が性器クラミジア感染症と診断されて治療を受けています。性器以外にも、咽頭クラミジアと診断される患者も少なくありません。クラミジアは患者数が多いポピュラーな性感染症のひとつですが、病気の特徴や症状についてはあまり知られていません。性的に活発な人であれば病原菌に感染する可能性があるので、病気についての基本的な知識を知っておくことは大切です。

クラミジア感染症は細菌が原因で起こる病気で、病原菌は人の性器・泌尿器・直腸・咽頭部(のど)・眼球の粘膜の細胞に感染して増殖します。病原菌が粘膜の細胞に感染して増殖すると、炎症を発症して発病します。粘膜の細胞に感染したクラミジア菌は細胞分裂を繰り返して増殖して数を増やしますが、一定の数に達すると免疫細胞が攻撃して炎症が起こります。病原菌は免疫細胞の攻撃を受けますが、増殖するペースのほうが速いので自然治癒することはありません。治療を受けずに放置し続けると症状が悪化して、不妊症になったり重大な合併症を起こす危険性があります。

クラミジア菌に感染しても、すぐに発病する訳ではありません。性器に感染すると、1~3週間ほどの潜伏期間を経た後に発病します。淋菌などと比べると潜伏期間が長いので、感染経路を特定しにくい場合があります。喉の粘膜に感染した場合は、免疫力が弱くなった時に扁桃炎を発症します。扁桃炎の症状が治まった後も喉の粘膜が病原菌に感染した状態が続くので、何度も再発する恐れがあります。

クラミジアの病原菌は人や動物の粘膜の細胞内でしか生存することができず、細胞から離れて空気中や水中に放出されると短時間で死んでしまうという特徴があります。このため、通常の日常生活で病気がうつることはありません。ただし、性交渉をして性器・口・直腸などの粘膜同士が接触をすると簡単に他の人にうつってしまいます。例えばコンドームを使用しないで性器性交やオーラルセックスをすると、射精しなくても粘膜が触れるだけで病原菌が伝染するので注意が必要です。

クラミジアに罹った場合は、病原菌に対して有効な抗菌薬を服用して治療をすることができます。クラミジア菌は他の病原菌と比較すると増殖のペースが遅いので、治療を開始すると病原菌の数が減少して症状が改善されます。それでも病原菌が僅かでも残っていると再び増殖を開始するので、中途半端な治療をすると再発する危険性があります。この感染症の治療のために抗菌薬を服用する場合は、体内の病原菌が完全に死滅するまで根気強く治療を続けることが大切です。

関連記事
ジスロマックを個人輸入する時に注意すること 2020年04月03日

ジスロマックやアジスロマイシンが配合されたジェネリック医薬品は、日本国内で医療用医薬品に指定されています。このため、これらの薬を一般向けのドラッグストアなどで購入することはできません。薬を購入するためには医師の診察を受けて処方してもらうか、個人輸入通販サイトを利用する必要があります。病院に行かずに個...

クラミジアのことをパートナーと相談することは大切です 2020年05月21日

性器クラミジア感染症は代表的な性病のひとつなので、病気のことを他の人に知られたくないと感じる人は少なくありません。性病に罹ったことが知られると恥ずかしいという理由で病院に行かなかったり、ひそかに薬を飲んで治療をする人もいます。病気に罹ったことを誰にも知られないようにするために、個人輸入通販サイトを利...

性器ヘルペスに有効と言われるバルトレックスの成分を解説 2020年06月27日

性器ヘルペスは放置しても自然治癒しますが、1~3週間もの長期間にわたりチクチクする強い痛みの症状が続きます。発症中は患部から大量のウイルスが排出されるので、他の人に病気をうつしてしまう恐れもあります。性器ヘルペスが発症した場合は、抗ウイルス薬を適切に服用することで積極的に治療をすることが可能です。発...

口唇ヘルペス発症の原因はオーラルセックスかもしれません 2020年06月08日

口唇ヘルペスはポピュラーな疾患で、食事の時に誤って口の中を噛んだり、ビタミン不足になると発症する場合が少なくありません。口唇ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスで、このウイルスは性器ヘルペスの病原体でもあります。単純ヘルペスウイルスは1型と2型の2種類があり、両方とも口唇ヘルペスと性器ヘルペスを起...

クラミジアとエイズには関連性がある? 2020年05月06日

クラミジア感染症は細菌が原因で起こる病気ですが、エイズ(後天性免疫不全症候群)はHIVウイルスに感染して発症します。両方とも性行為が原因で人から人にうつる性感染症ですが、病原体種類や症状が異なる別の病気です。全く別の病気であったとしても、クラミジア感染症とエイズは密接な関係があります。性器クラミジア...