• ホーム
  • クラミジアとエイズには関連性がある?

クラミジアとエイズには関連性がある?

危険なウィルス

クラミジア感染症は細菌が原因で起こる病気ですが、エイズ(後天性免疫不全症候群)はHIVウイルスに感染して発症します。両方とも性行為が原因で人から人にうつる性感染症ですが、病原体種類や症状が異なる別の病気です。全く別の病気であったとしても、クラミジア感染症とエイズは密接な関係があります。

性器クラミジアに感染して発病すると、性器の粘膜で炎症が起こります。粘膜の細胞は人体をウイルスや細菌などの外敵から守るバリア機能を持ちますが、炎症を起こすとバリア機能が弱くなってしまいます。クラミジアに罹って粘膜のバリア機能が弱くなると、他の細菌やウイルスに感染しやすくなる恐れがあります。

エイズを発症させる病原体のHIV(ヒト免疫不全ウイルス)は性行為が原因で他の人にうつりますが、粘膜のバリア機能が正常に働いていれば感染率は0.1~1%程度です。HIVは他の多くの性感染症と比べて、感染力が弱いという特徴があります。もしもクラミジアに罹って性器の粘膜に炎症を発症している場合は、HIVの感染力が3~5倍に上昇することが知られています。クラミジアになると、エイズの病原体(HIV)に感染する危険性が高くなってしまうので注意が必要です。クラミジアが間接的な原因になって、エイズに罹ってしまう恐れがあります。

性器クラミジアに罹って治療しないで放置し続けるとエイズになる危険性があるので、早めに治療して完治させることが大切です。HIVに感染して治療を受けずに放置すると、数年~10年間もの潜伏期間中に体の免疫機構が破壊されて発病します。エイズが発症すると、通常は2~3年程度で死に至ります。抗HIV薬を服用すれば発症を抑えることができますが、ウイルスを排除して完治させることができません。このため、HIVに感染してしまうと毎日欠かさずに決まった時間に抗HIV薬を飲み続ける必要があります。

エイズの感染経路はクラミジアや淋菌感染症と同じで、主に性交渉を通して他の人にうつります。コンドームを使用しない性器性交やオーラルセックスをすると、HIVや他の性感染症に感染する恐れがあります。感染予防対策を講じないで性行為をすると、エイズを含めて複数の性病に感染する場合があるので注意が必要です。この感染症に感染している人はHIVなどの他の病原体がうつる危険性が高いので、別の病気であっても感染経路の点で密接な関係があるといえます。

関連記事
ジスロマックを個人輸入する時に注意すること 2020年04月03日

ジスロマックやアジスロマイシンが配合されたジェネリック医薬品は、日本国内で医療用医薬品に指定されています。このため、これらの薬を一般向けのドラッグストアなどで購入することはできません。薬を購入するためには医師の診察を受けて処方してもらうか、個人輸入通販サイトを利用する必要があります。病院に行かずに個...

クラミジアのことをパートナーと相談することは大切です 2020年05月21日

性器クラミジア感染症は代表的な性病のひとつなので、病気のことを他の人に知られたくないと感じる人は少なくありません。性病に罹ったことが知られると恥ずかしいという理由で病院に行かなかったり、ひそかに薬を飲んで治療をする人もいます。病気に罹ったことを誰にも知られないようにするために、個人輸入通販サイトを利...

性器ヘルペスに有効と言われるバルトレックスの成分を解説 2020年06月27日

性器ヘルペスは放置しても自然治癒しますが、1~3週間もの長期間にわたりチクチクする強い痛みの症状が続きます。発症中は患部から大量のウイルスが排出されるので、他の人に病気をうつしてしまう恐れもあります。性器ヘルペスが発症した場合は、抗ウイルス薬を適切に服用することで積極的に治療をすることが可能です。発...

口唇ヘルペス発症の原因はオーラルセックスかもしれません 2020年06月08日

口唇ヘルペスはポピュラーな疾患で、食事の時に誤って口の中を噛んだり、ビタミン不足になると発症する場合が少なくありません。口唇ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスで、このウイルスは性器ヘルペスの病原体でもあります。単純ヘルペスウイルスは1型と2型の2種類があり、両方とも口唇ヘルペスと性器ヘルペスを起...

クラミジアの特徴について詳しく知っておく 2020年04月18日

日本国内の病院・診療所では、毎年2万人以上の男女が性器クラミジア感染症と診断されて治療を受けています。性器以外にも、咽頭クラミジアと診断される患者も少なくありません。クラミジアは患者数が多いポピュラーな性感染症のひとつですが、病気の特徴や症状についてはあまり知られていません。性的に活発な人であれば病...